ITパスポートの学習時間とその内容 | ITパスポート資格の情報ガイド

ITに関する知識が十分備わっていると
国が公認してくれる資格、ITパスポート
その全体像、受験範囲、勉強法さらには
取得の意義などを徹底解説!

ITパスポートの学習時間とその内容

ITパスポートの資格取得を目指すのに、どのくらいの期間学習すれば良いのでしょうか?ITパスポートに合格する為の学習時間は、一般的に100時間~150時間程度であると言われています。

ただし、あくまでもこの学習時間は目安であって、100時間の勉強をすれば絶対に合格出来るのかと言われればそうではありません。50時間足らずの学習時間しかなくても合格する方もいらっしゃれば、逆に200時間の学習時間でも不合格となる方もいらっしゃいます。個人によって元から持っている知識も違いますし、得手不得手と言ったこともあるからです。

では、どのように学習していくと効率的に学習することが出来るのでしょうか?ITパスポートの試験に限ったことではありませんが、基本的にインプットとアウトプットの比率が重要となってきます。インプットとは、テキストを読んだり、参考動画などを見ることによって知識や考え方などを頭の中に入れていく作業のことです。

アウトプットとは、インプットで入力した知識をテスト問題を使って実際に解いていく作業のことになります。全体的な配分で見れば、インプットを7割、アウトプットを3割程度で学習すると良いとされています。

大雑把ではありますが、ITパスポートまでの毎日1時間程度は時間を作って勉強していくとしますと、テキストを読んで基礎的な知識を蓄えることに60時間ほど、過去の問題を解いていくことに20時間ほど、試験前に予想問題集などを解くことで10時間、直前にテキストを読み返すこと10時間くらいの配分をしてみてはどうでしょうか。