ITパスポートの出題範囲について | ITパスポート資格の情報ガイド

ITに関する知識が十分備わっていると
国が公認してくれる資格、ITパスポート
その全体像、受験範囲、勉強法さらには
取得の意義などを徹底解説!

ITパスポートの出題範囲について

ITパスポートの試験では、どのような出題範囲から出題されるのでしょうか?ITパスポートの試験は幅広い分野から出題されることになり、職業人なら誰しもが共通で抑えておくべきとなる基礎的な知識が必要となってきます。

その為、大きく分けると3つの出題範囲から問題が出されることになります。ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系と言った分野になり、すべての分野において基礎的な養護や概念を理解する必要が出てきます。

では、それぞれの分野を紹介してみます。ストラテジ、とは戦略のことです。情報化されたデータ、企業活動を行って行く為に必要となる基本的な用語から、概念の理解、情報処理技術に関する基礎的な用語、などの知識を問われることになります。業務の把握、データの分析、課題を解決する時の手法、それらを行う為にオフィスをどう活用するのかなどが出題範囲となります。

マネジメント系は、システムの開発、プロジェクトマネジメントに関しての基礎的な用語や概念などの知識が問われます。コンピュータ、オフィス、ネットワーク、などを使った業務環境の整備をしていく為の知識も出題されることになります。

テクノロジ系とは、情報技術に関しての基礎的な用語、概念などの知識や、論理的な思考力が問われる問題がメインとなります。システムを安全に利用していく為の基本的な知識が出題されます。社会人として当然知っておきたい経営戦略、企業活動、法務、などからシステムやソフトウェアの開発技術、プロジェクトマネジメント、情報技術の知識まで幅広い分野での基礎問題が、ITパスポートの出題範囲だと考えて良いでしょう。