合格することでのメリット | ITパスポート資格の情報ガイド

ITに関する知識が十分備わっていると
国が公認してくれる資格、ITパスポート
その全体像、受験範囲、勉強法さらには
取得の意義などを徹底解説!

合格することでのメリット

創設されたばかりであまり知名度の高くない国家資格であるITパスポートの資格ですが、多くのメリットがあると言えます。先ず、ITパスポートの資格ですが、企業からの評価が高いと言うことがあります。車内での表彰対象者試験として、ITパスポートの取得を推奨している企業も増えており、勿論こうした企業に就職したいのであれば、あらかじめITパスポートを取得していることで採用されやすくなります。

中には、ITパスポートを取得することで、一時金が支給される会社や取得の為の通信講座の受講料を会社が負担してくれる場合も増えています。また、ITパスポートを取得していることで、学校などの単位認定を受けることが出来るケースもあるようです。

ITパスポートの資格は、基本情報技術者、初級シスアドの資格とともに厚労省が創設している若年者就職基礎能力支援事業に認定されている資格になります。従来の情報処理技術者の試験とは違って、ITパスポートの試験の難易度はそれほど高くないこともあって、きちんとITパスポート試験の対策を勉強すれば、中学生や高校性絵も合格できると言われています。

実際に、ITパスポートの資格を取得している中学生や高校性の方もいらっしゃいますので、学業にも役立てることが出来ます。また、ITパスポートの試験は情報処理技術者の試験におけるキャリアフレームワークの中で、レベル1とされている資格です。このレベル1の資格を取得していることで、レベル2に属する基本情報技術者や、レベル3になる応用情報技術者への資格を取得する道が開けてきます。