効果的な勉強方法・試験対策について | ITパスポート資格の情報ガイド

ITに関する知識が十分備わっていると
国が公認してくれる資格、ITパスポート
その全体像、受験範囲、勉強法さらには
取得の意義などを徹底解説!

効果的な勉強方法・試験対策について

ITパスポートの試験において、効果的な勉強方法はあるのでしょうか?ITパスポートの試験とは、昨今のIT化した社会において基礎的なIT全般の知識を有していることの証明になる試験です。この試験の性質を考えますと、出題される分野すべてにおいてしっかりとした基礎的な知識を身につけておくべきだと言えます。

しかし、資格試験では合格をしなければ意味がありませんので、試験対策を考える方も多くいらっしゃるでしょう。そこで、過去のITパスポート試験から問題の頻出度が高い分野から学習をしていくことで、効率的に勉強を進めていくことが出来ます。

では、ITパスポートの代表的な3つの分野であるストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系の中から、それぞれ頻出度の高い分野を紹介してみましょう。ストラテジ系からは、企業活動、経営戦略マネジメント、システム戦略の3つからの出題が多い傾向にあります。

企業活動では在庫管理や損益分岐点の計算、グラフの読み方などの問題が多く出題されますので、しっかりと抑えておいて下さい。経営戦略マネジメントでは、経営戦略の手法が問われる問題が多く、システム戦略では、システム戦略全体から幅広く出題されますが、システム戦略分野の関連用語をしっかりと勉強しておきましょう。

マネジメント系では、プロジェクトマネジメント、システム開発技術の頻度が高くなっています。プロジェクトマネジメントでは進捗管理が多く、システム開発技術では、設計からテストまで幅広い出題があります。テクノロジ系では、セキュリティ、基礎理論、ソフトウェアの問題の頻度が高いです。特にセキュリティの問題は多く取り扱われており、セキュリティ分野全体をしっかりと勉強しておくと良いでしょう。

基礎理論では、基礎的な知識だけではなく応用問題も良く出題されますので、基礎的な意味ではなく論理的な過程も勉強しておきます。ソフトウェアでは、基礎的な知識、応用問題、なども出題されています。