ITパスポート資格の情報ガイド

ITに関する知識が十分備わっていると
国が公認してくれる資格、ITパスポート
その全体像、受験範囲、勉強法さらには
取得の意義などを徹底解説!

ITパスポートとはどんな資格?

ITパスポートとは、どういった資格になるのでしょうか?ITパスポートの資格とは、平成21年の4月に新設された国家資格の1つです。これまでにあった情報処理技術者の試験に新設された資格となり、情報に関する資格の1つとなります。まだ創設されてから間もないこともあり、知名度はあまり高くありませんが、国家資格となりますので今後に期待の持てる資格です。

多くの企業や教育機関でも注目されていますので、ITパスポートの資格を取っておいて損をすることはありません。ITとは、インフォメーション テクノロジーの略語となり、日本語にすると情報技術と言うことになります。パソコンやデータ通信に関する技術を総称することに使われる言葉で、耳馴染みのある言葉ではないでしょうか?

パスポート、とは国外に出る際に個人の情報を公的に証明したもので、パスポートがあれば世界的に身分証明になるものです。ITパスポートの意義は、試験に合格した人に対して、国が情報化社会に対しての知識を有していると証明してくれる物だと言えます。

情報処理技術者の試験の対象が20代後半くらいのサラリーマンの方を対象にしていたのと違い、ITパスポートの資格はこれから社会に出ていくことになる学生の方や、社会人に成り立てと言った方を対象としているのも特徴の1つです。昨今では多くの企業でIT化がなされており、パソコンを使って業務するだけではなく、ITの技術が必要とされる場面が増えていると言えますので、ITパスポートの資格を取得することで、自分は情報処理技術に関して、ある程度の知識がありますと証明することが出来ます。

ITパスポート 徹底解説

試験当日の心構え
ITパスポートの試験での心得について イメージ
それまでの努力の集大成である試験当日
実力をしっかり発揮するための
試験会場での心構えはどうすればいい?
試験範囲について
ITパスポートの出題範囲について イメージ
ITパスポートの資格試験の出題範囲は
ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系
と大きく3つに分かれます。

合格するとどうなる?
合格することでのメリット イメージ
新設された国家資格ながら
企業側の評価が高く
ステップアップも可能
さらにスキルアップの道
ITパスポートの上級の資格にチャレンジ イメージ
段階的にステップアップ出来るのが魅力
高度な専門知識はさらに
取得者の実力が認められます

ITパスポートを受ける学生の方へ

IT関連の知識の重要性はどのような業種においても高まる一方です。
そのような状況の中、学生がITパスポートの資格を取得することの意義は
どのような事があるのでしょう?

ITパスポート資格試験の合格のためのスケジュール

合格するための学習スケジュール イメージ
ITパスポート資格試験の試験勉強には通学講座、通信講座、独学と
大きく3つの選択肢があります。それぞれ方法での
合格に向けての学習スケジュールの組み立て方とは?